世界で最も有名な栄冠の一つ!プロのファッションモデルも憧れる「ヴィクトリアズ・シークレット」のエンジェル

世界中の女性を魅了するセクシーランジェリーの有名ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(Victora’s Secret)」
日本ではあまり馴染みがありませんが、世界中で大人気の下着ブランドの一つ。
商品だけでなく毎年「エンジェル」と呼ばれる同ブランドの広告塔のモデルが注目されることでも知られている。
エンジェルとして活躍したモデルの中にはアジア人のモデルもいたが、いまだ日本人の選出はなし。
そもそも、なぜ「ヴィクトリアズ・シークレット」は世界中でこんなにも人気なのかをひも解いていこう。
エンジェルの選考基準なども記載しているので同モデルを目指す人は是非参考に!

ヴィクトリアズ・シークレットが人気の理由

もはやセクシーランジェリーの代名詞ともなったヴィクトリアズ・シークレットですが、なぜここまで人気になったのか。。。
「ギャップ」や「オールドネイビー」などのブランドで知られる「リミテッド・ブランズ」社の傘下ということもあり資本は豊富にあったわけですが、創業から1900年までは一通販ブラントの域を超えていませんでした。
日本でいうところの「セシール」のような立ち位置でしょうか。
1990年中盤に初のファッションショーを開催し、90年代後半に広告塔(ミューズ)との専属契約を開始。
この広告塔のことを「エンジェル」と呼び、唯一無二の存在にしている。
ショーを開催して、モデルと専属契約したからってそんなに人気が出る?と疑問の人はその顔ぶれと宣伝方法を見れば納得するかもしれない。

「エンジェル」と呼ばれる専属モデルが豪華すぎ!

通常、どのファッションブランドでも専属の広告塔を毎年決定しブランドの顔としてのモデルを起用する。
しかし「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告塔であるエンジェルの顔ぶれが凄まじい!

  • ステファニー・シーモア(Stephanie-Michelle-Seymour)
    ステファニー・シーモア(Stephanie Michelle Seymour)~1998-??~
    アメリカ出身のスーパーモデル。
    ハーブ・リッツ、リチャード・アヴェドン、ジル・ベンシモンら、一流ファッションカメラマンの被写体となったことでも知られている。
    1990年代のスーパーモデルブームを牽引した一人。
    14歳でモデルを始め、15歳でニューヨークへ移り、エリートモデルルックで優勝。
    ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして、フレデリーク・ファン・デル・ワルとともに有名になった。
    ほか、ヴェルサーチやディオールらビッグメゾンのショーの常連でもあった。
  • ダニエラ・ペストヴァ-(Daniela-Pestova)
    ダニエラ・ペストヴァ(Daniela Pestova)~1998-??~
    チェコ出身のモデル。
    ヴィクトリアズ・シークレットとの専属契約は1997年のこと、ステファニー・シーモアやタイラ・バンクスと共にスポークスモデルとして活躍しました。
    1999年にはファンタジー・ブラのモデルにも選ばれ、500万ドルもする宝石を散りばめられたブラを身に付け、広告に登場しました。
    そのVSモデルとしての活躍もさることながら、1995年~2001年までの7年間、「スポーツ・イラストレーテッド」(水着雑誌)にも登場し続け、トップモデルとしての地位を不動のものにしていました。
  • カレン・マルダー(Karen-Mulder)
    カレン・マルダー(Karen Mulder)~1998-??~
    オランダ出身のファッションモデル。1985年のエリートモデルルックのコンテストで入賞し、モデルになった。ブロンドの髪にブルーの瞳。
    ヴィクトリア・シークレット、カルバン・クライン、ヴァレンティノ、ヴェルサーチなどのモデルとして有名である。
    20歳の頃フランス人カメラマンとの離婚を経験している。その後長い間実業家ジャン・イヴ・ル・ファーと婚約していたが破局。
    1990年代半ば、ちょうどモデルとしての露出が減り始めた頃であり、精神的にも参ってドラッグに手を出し、自殺未遂を引き起こすという低迷の時期を過ごした。
    フランスで歌手デビュー。2006年に長女を出産した。
  • ヘレナ・クリステンセン(Helena-Christensen)
    ヘレナ・クリステンセン(Helena Christensen)~1998-??~
    デンマーク出身のファッションモデル。父はデンマーク人で、母はペルー人。1990年代を代表するスーパーモデルの1人。
    ヴェルサーチは彼女のことを「世界でもっとも美しい体を持った女性」と評したという。照明を反射し虹彩の色が変わる「七色の瞳」を持つことでも知られる。
    18歳でミス・デンマークに選ばれたことがきっかけでパリに移り住み、モデルとして活動し始めた。
    現在は写真家として作品を発表したり、DJとして活動してもいる。ファッション雑誌『NYLON』の編集も手がけている。
  • レティシア・カスタ(Laetitia-Casta)
    レティシア・カスタ(Laetitia Casta)~1998–2000~
    フランス出身のファッションモデル、女優。
    ノルマンディーで育つ。父親はコルシカ人。15歳の時にスカウトされて、モデルの道へ進む。
    ヴィクトリアズ・シークレットや80以上の雑誌のカバーを飾り、ラルフ・ローレンやイヴ・サンローランなどのトップ・ブランドのモデルを務めた。
    フランスでは絶大な人気を誇っており、フランス全土の市庁舎に飾られるマリアンヌ像のモデルにもなっている。
  • タイラ・バンクス(Tyra-Banks)
    タイラ・バンクス(Tyra-Banks)~1998年–2005年~
    アメリカ出身のファッションモデル、女優。カリフォルニア州イングルウッド出身。
    17歳でモデルとしてデビューして以来、ナオミ・キャンベルに次ぐ黒人モデルとして人気がある。
    アメリカの化粧品ブランド『カバーガール』のイメージキャラクターをつとめた。
    2009年10月、経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる女性セレブ」のランキングを発表し、2008年の収入が3,000万ドル(日本円で約27億円)で1位にランクインした。
  • ハイディ・クルム(Heidi-Klum)
    ハイディ・クルム(Heidi Klum)~1999–2010~
    ドイツ出身のファッションモデル、女優。スーパーモデルの1人。ヴィクトリアズ・シークレットのモデルなどを務めた。
    2004年にフラビオ・ブリアトーレとの間に娘(レニー)をもうけたが、2005年にイギリスのミュージシャン、シール(Seal)と結婚し、2人の息子(ヘンリー、ヨーハン)をもうける。2009年10月9日、女児(ルウ・サミュエル)誕生。2人は2005年のピープル誌の「最も美しいカップル」のうちの1組に選ばれている。
    2012年1月、シールと離婚。現在、長年一家のボディガードをしていた男性と付き合っている。
  • アドリアナ・リマ(Adriana-Lima)
    アドリアナ・リマ(Adriana Lima)~2000–~
    ブラジル出身のファッションモデル。178センチメートル、86-61-89。なによりファッションブランド『ビクトリアズ・シークレット』の“エンジェル”(広告塔モデル)の一員としての活動から著名で、世界屈指の収入を誇るファッションモデル。
    メイベリンのスポークスパーソンに就任や、巨大携帯電話企業「イタリアテレコム」との広告塔契約などで注目を集め“イタリアのキャサリン・ゼタ=ジョーンズ”として知名度を上げる。
  • ジゼル・ブンチェン(Gisele-Bündchen)
    ジゼル・ブンチェン(Gisele-Bündchen)~2000年-2007年~
    ブラジル出身のファッションモデル。米国を中心に活動。
    米国では最も有名で、最も高給取りなスーパーモデルとして知られている。
    14歳の時よりモデルとして活動を始め無数のビルボード、テレビに出演。現在、20を越える様々な国のブランドに広告出演している。
    2009年2月26日にNFL選手のトム・ブレイディと極秘挙式した。
  • アレッサンドラ・アンブロジオ(Alessandra-Corine-Ambrosio)
    アレッサンドラ・アンブロジオ(Alessandra Corine Ambrosio)~2004–~
    ブラジル出身のファッションモデル。リオグランデ・ド・スル州出身。
    アレッサンドラはブラジルのエレシムの小さな町に、イタリア系・ポーランド系の両親の間に生まれた。
    ヴィクトリアズ・シークレットなどでモデルをつとめる。カタログでは掲載率が高く、アドリアナ・リマなどと並んでヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズと呼ばれている。
    アレッサンドラの父親は多発性硬化症を患っており、彼女は国立多発性硬化症協会の全権大使も務めている。
  • セリタ・エバンクス(Selita-Ebanks)
    セリタ・エバンクス(Selita Ebanks)~2005–2008~
    ケイマン諸島出身のファッションモデル。176.5センチメートル、84-61-86.5。
    ネイティブアメリカン、アイルランド系アメリカ人、およびアフリカ系アメリカ人の混血。なによりファッションブランド『ビクトリアズ・シークレット』の広告塔の一員としての活動から著名。
    故郷ケイマン諸島では水夫互助団体への参加やそれを通しての児童福祉などの慈善活動を行ってきたほか、シエラレオネを旅行したのをきっかけに、「ウーマンズ・コーリション・フォー・エンパワーメント・アンド・オポチュニティー」(Women’s Coalition for Empowerment and Opportunity)という慈善団体を設立。この団体を通じて内戦下にあるアフリカ諸国の女性達への支援活動など慈善活動にも活発。
  • カロリナ・クルコヴァ-(Karolína-Isela-Kurková)
    カロリナ・クルコヴァ (Karolína Isela Kurková)~2005–2008~
    カロリナ・クルコヴァ (Karolína Kurková-チェコ語の発音ではカロリーナ・クルコヴァー、1984年2月28日 – )は、チェコ出身のファッションモデル。
    2005年から2008年まではヴィクトリアズ・シークレットの“エンジェル”の一人としても活動した。マリオ・テスティーノに絶賛され、アナ・ウィンターに“次期スーパーモデル”と呼ばれたことがある。
  • イザベル・グラール(Izabel-Goulart)
    イザベル・グラール(Izabel Goulart)~2005–2008~
    イザベル・グラール(Izabel Goulart、“グーラート”とも、1984年10月23日 – )は、ブラジル出身のファッションモデル。177センチメートル、83-60-89。イタリア系ブラジル人。下着ファッションブランド『ビクトリアズ・シークレット』の仕事が最も広く知られてきた。
  • ミランダ・カー(Miranda-Kerr)
    ミランダ・カー(Miranda Kerr)~2007–~
    オーストラリア出身のファッションモデル。
    下着ブランド『ビクトリアズ・シークレット』の特別広告塔にあたる“エンジェル”の一員としての活動が最も著名。
    オーストラリア人初の“エンジェル”となった2008年からというもの同ブランドのショーの仕事を継続的にこなしてきたほか、テレビや雑誌などの媒体を舞台としての幅広い活動も見せてきた。
  • マリサ・ミラー-(Marisa-Miller)
    マリサ・ミラー (Marisa Miller)~2007–~
    アメリカ出身のファッションモデル。現在、スポーツ・イラストレイテッド誌に多く登場する。
    アマチュアのモデルとして活動してきたが、2001年に写真家マリオ・テスティーノに撮影されたのをきっかけに、スポーツ・イラストレイテッド誌に登場した。
    コスモポリタン誌やグラムール誌、GQ誌など各誌に登場。また、ノードストロム、J・クルー、トミー・ヒルフィガーの広告に登場した。
    現在、アメリカ・ガン協会(en)のアンバサダーを務め、40歳以下の女性に乳癌に対する注意を喚起する活動を行っている。
  • ドウツェン・クロース-(Doutzen-Kroes)(2008–)
    ドウツェン・クロース (Doutzen Kroes)~2008–~
    オランダ出身のファッションモデル。DNA所属。身長178センチ。
    タイム誌、ヴォーグ誌、ハーパース・バザー誌、ヌメロ誌の表紙となる。
    2005年、読者投票によりヴォーグ・コムでモデル・オブ・ジ・イヤーに選出される。2005年8月、カルバン・クラインの香水『エタニティー』のキャンペーンモデルとなる。2006年4月、3年契約でロレアルのモデルとなった。
    2007年7月、過去12ヶ月に1千5百万ドル稼いだとして、フォーブス誌で『最も稼ぐ世界の15人のスーパーモデル』の14位に選ばれた。
  • エリン・ヘザートン(Erin-Heatherton)
    エリン・ヘザートン(Erin Heatherton)~2009-~
    アメリカ出身のファッションモデル。
    ヘザートンのモデルとしてのキャリアの始まりはニューヨーク市でダイアン・フォン・ファステンバーグのファッションショーの舞台を歩いたことであり、それ以来、トミー・ヒルフィガー、オスカー・デ・ラ・レンタ、シャッツィ・チェンらその他数多くである。
    俳優のレオナルド・ディカプリオと交際中。
  • リンジー・エリンソン(Lindsay-Ellingson)
    リンジー・エリンソン(Lindsay Ellingson)~2009-~
    アメリカ出身のファッションモデル。180センチメートル、84-61-86。カリフォルニア州サンディエゴ出身。
    2004年にクリスチャン・ディオールやジョン・ガリアーノ、ランバンのショーを歩いてデビュー。
    以来、各種ファッションブランドのショーを歩きつつ、ドルチェ・アンド・ガッバーナやDKNYなど様々なハイファッションブランドの広告や、日本版マリ・クレール誌、メキシコ版ヴォーグ誌、イギリス版GQ誌など各国で有名雑誌の表紙に登場してきた。
    2008年にはトミー・ヒルフィガーの広告塔に就任。さらに2009年にはビクトリアズ・シークレットの3年契約を獲得。
  • エマニュエラ・デ・パウラ(Emanuela-de-Paula)
    エマニュエラ・デ・パウラ(Emanuela de Paula)~2009-~
    ブラジル出身のファッションモデル。176センチメートル、84-60-87。 黒人と白人の混血で、本人いわく“ムラート”。
    米誌『フォーブス』の企画“最も稼ぐモデル”に登場するなど西洋ファッション界でも指折りの成功度を有するモデルの一人で、ラルフローレンやラコステ、ならびにビクトリアズ・シークレットなどといったハイファッションブランドの仕事から特に知られてきた。
  • キャンディス・スワンポール(Candice-Swanepoel)
    キャンディス・スワンポール(Candice Swanepoel)~2009–~
    南アフリカ出身のファッションモデル。15歳の時、ダーバンの蚤の市でモデルのスカウトによって見い出された。
    2007年、2008年、2009年、2010年、2011年のヴィクトリアズ・シークレットを始めとして、シャネル、ドルチェ&ガッバーナ、フェンディ、ジャン=ポール・ゴルチエなどその他数多くのデザイナーのファッションショーの舞台を歩いた。
    2010年から2011年の間にかけての推定収入は約300万ドルであり、経済誌フォーブスによる「世界のトップ収入モデル」のリストにおいて第10位に初登場している。
  • ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(Rosie-Huntington-Whiteley)
    ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley)~2009–~
    イギリス出身のファッションモデル。
    2004年のニューヨークコレクションでランウェイデビュー。2008年にはサム・ライリーとともにバーバリーのキャンペーンモデルを担った。
    2009年からは、ヴィクトリアズ・シークレットエンジェルズの一員として活躍している。
    2011年、バーバリーの新フレグランス「バーバリーボディ」のキャンペーンモデルに起用され、トレンチコートのみを纏った、官能的なイメージで話題を集める。
  • シャネル・イマン(Chanel-Iman)
    シャネル・イマン(Chanel Iman)~2009-~
    アメリカ出身のファッションモデル。178センチメートル、81-58-84。
    本名を“シャネル・イマン・ロビンソン”(Chanel Iman Robinson)といい、アフリカ系アメリカ人と朝鮮民族との混血。
    アドリアナ・リマなどの高名なモデルらを擁する“ビクトリアズ・シークレット・エンジェル”のなかでも際立った細身の持ち主として注目を集めており、それについては生まれ持っての代謝能力の高さが指摘されるなどしてきた。

ここまで豪華な顔ぶれは下着ブランドにかぎらず、老舗のビッグメゾンやハイブランドでも中々お目にかかることは出来ない。
まさにスーパーモデルのオールスターと言った顔ぶれ!

セクシーすぎるカタログで男性をも虜に!

女性目線のセクシーさを追求しているヴィクトリアズシークレットですが、そのカタログはなんとも男性目線なような。。。
ヴィクトリアズシークレットカタログ表紙
この表紙にそそられない男性はいないでしょう。
さらに!!

ヴィクトリアズシークレットショーツカタログ1
ヴィクトリアズシークレットショーツカタログ2
ヴィクトリアズシークレットブラカタログ1
ヴィクトリアズシークレットブラカタログ2

世界を代表するスーパーモデルの下着姿やセクシーな姿を求めて男性がこぞってカタログを取り寄せていたなんて逸話もあるようです。
アダルト雑誌とは違い、決してヌードになることがないセックスシンボルのようなモデル達の下着姿はある意味、裸よりも価値が高い!?
男女から多くのファンを獲得したヴィクトリアズ・シークレットは名実ともにセクシーランジェリーの代名詞となる。

ヴィクトリアズ・シークレットのモデル「エンジェル」の条件

victorias_secret_angels_models

前述するようにヴィクトリアズ・シークレットの「エンジェル」に選ばれると、モデルとしてのキャリアでの富と名声を得られトップモデルの仲間入りが出来る。
プロのモデル界でも羨望の眼差しを向けられるほど。
そのエンジェルにどうすればなることが出来るのか?
スーパーモデルをもってしても狭き門の条件とは。

オーディションの参加条件・選考基準など

参加条件

  • モデルとして活躍していること
  • 約2000人のモデル達が世界中オーディションのためにNYに集まる
  • 身長・体脂肪

  • 身長176.5cm以上、ウエストは61cm以下という規定(例外あり)
  • 体脂肪は18%以下が条件
  • 大事なのは「女目線」

  • 男性目線ではなく女性目線が重要
  • エンジェルたちの様になりたい、彼女たちのような生命力や情熱、自信と力を自分のものにしたいと思われる存在でなければならない
  • キャラクター

  • 性格の良さも選考基準の一つ
  • 美しさだけではなく、内面から滲み出る何か!が必要
  • インタビューを受ける機会も多く、ブランドのイメージを崩さない地に足が着いたモデルがエンジェルを歴任している
  • 顔もスタイルもいいモデルはたくさんいるが、まわりのモデルとは一味違うパーソナリティーや特徴を持つこと
  • 痩せ過ぎはNG、最重要は「曲線美」

  • 栄養失調みたいに見えたら、下着会社として望まないイメージを与えてしまうためNG
  • 曲線があって健康でゴージャスに見えることがすべて
  • 肉感的だけれども太っていない、そして曲線美がある
  • 下着が似合う、健康的で肉感的なボディのモデルが合格しやすい
  • 腹筋

  • 歳がいくつであろうと、鍛えられた腹筋は必須条件
  • いかに腹筋をつけるかを皆気にしている
  • 必要なところにしっかりと筋肉を付け、バランスの良い砂時計形が良しとされる
  • エンジェルになってからも努力の日々

    食事・トレーニング

  • 18時以降は何も口にできず、アルコールも禁止
  • 1日3食にきちんと、タンパク質を取り入れることが大事
  • ヴィクトリアズ・シークレットのモデルが行うトレーニングは、プロスポーツ選手がシーズンオフに行うトレーニングと同等と言われる
  • エンジェルの栄冠を勝ち取った先に見えるものとは・・・

    ヴィクトリアズシークレットのエンジェル達

    毎年発表される経済誌フォーブスによる「世界のトップ収入モデル」のトップ20にランクインしたモデルの内、実に15人がヴィクトリアズ・シークレットの現役エンジェルもしくは経験者達だったこともあるほど!
    ファッションショーのアフターパーティーでは各界を代表するセレブリティや各国でも有名なブルジョワ達で賑わう、出会いや社交の場となっている。
    一度でも栄冠を勝ち取ることが出来れば、モデルとしての成功は約束されたモノと言っていいでしょう。
    日々、努力を重ねる美意識とプロ意識を兼ね備えたモデル界の頂点とも言えるべき存在に憧れる女性も多いのも納得である。

    PAGE TOP ↑